コトノハ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お世話になりましたー!

2017年。波乱の年でした。
会社満期で退社し、入社し、また辞めて、今。
仕事がないせいか、
今が一番、充実している気もします。税金泥棒。。。

オン・オフ問わず、創作活動におきまして、
皆様に多大なる迷惑をかけながらも、
こちらもこちらで充実していました。
サンクスです!!!!

オフで次にお会いできるのは、3月3日かと思われます。
新刊なんですが、どうなるか分からなくなってきております!!
5月の新刊が前倒しするかも。。。
すっごいんです!!!!!!!!!!!!!
本文できていますし、
更に初・絵師さんに表紙を描いていただいておりまして、
かっこいいんですよ、本当に!!
ラフ見て鼻血出たんですよ!!(ガチです)
男性の喉ぼとけ、色気を感じる……

だから、早く皆さんに自慢したくお見せしたくて!!!
新年あけてから考えます。笑

現在、詩の世界に武者修行中。
そして夏の新刊かいています。
夏も夏でまた企画がありまして、楽しみにしていてください。
(所詮琴木ですが笑)


そうです、所詮琴木。変わらんですが、
来年も琴木緒都をよろしくお願いします。

良いお年を。



琴木緒都。

スポンサーサイト

PageTop

本当感謝しかないっす。テレビ壊れたけど。

アトリエ部展覧会に入選しました。
マジでビックリしました。
言葉が悪い、本当に驚きました。

最近はテレビが壊れるとか寒くて起きるの早いとか(お祖母ちゃんじゃん)、
良いことがなかったのですが、
運が残っていた模様。
4選こそ届かなかったけど、
詩を書き始めの私には快挙なのです。
学生時代から、テーマに沿って書くのが苦手だったので……

詩を書くにつき、色々な方との交流ができて楽しい。
早くイベントにも行きたくなるような、
創作ってやっぱり楽しいなって言うか。。。

次回も頑張ろうっと。
ちなみに、今週のテーマは『星空』でした。
https://twitter.com/atelier_hoheto/status/944505859857514496

PageTop

イベント参加予定(2018.2.11)

2018年 イベント参加予定
主に都内イベントは直参しています。
琴木個人誌は、100円均一です★


<参加形態>
【コトノハ】―オフライン:琴木緒都個人サークル(一次小説創作)
虹色彗星堂:琴木緒都、長谷川真美合同サークル


3月3日 本の杜12 (直参) 【コトノハ】ーオフライン  お疲れ様でした♪
新刊予定:あり
『KOTONOHA POEM』(詩集)

5月6日 第26回 文学フリマ東京(直参) 【コトノハ】ーオフライン      
新刊予定:あり
『悪いけれど、君じゃない』(坂本一族)(表紙絵を、amber様に依頼しました)

5月27日 第4回 文学フリマ金沢(委託) 【コトノハ】ーオフライン      
新刊予定:なし

6月10日 第2回 静岡文学マルシェ(委託) 【コトノハ】ーオフライン      
新刊予定:なし

7月16日 第7回 テキストレボリューションズ(直参) 虹色彗星堂      
新刊予定:あり
『虹空』(こくう)(琴木緒都×長谷川真美さん合同誌) 琴木作品:『あなたがだめなら名字を頂戴』
『大好きだったんだよ/ウチツマ』(坂本一族)(琴木個人誌。表紙絵を、amber様に依頼しました)
公式アンソロジー『海』参加(作品名:『終焉』)、300字SSポストカードラリー参加

9月22日 本の杜13 (直参応募予定) 【コトノハ】ーオフライン
新刊予定:予定(は未定)

PageTop

小説家になろう 更新しました

おはようございます。
まさかの更新。

『青葉、散る』 
https://ncode.syosetu.com/n2778el/

ブレイブスの光野青葉スピンオフです。
可哀想な青葉君……(親心ー)
よろしくです。

PageTop

更新です。

こんにちはー。琴木ですが(?)

小説家になろう 『捨てられた花』更新&完結しましたー。

https://ncode.syosetu.com/n1744ek/

よろしければどうぞ♪

PageTop

優しすぎる闇のマスター

  気付いた時には闇の住人で、しかも次期トップの名札がついていた僕は、“正しい”愛情を知らずに育った。多分。傍には研究に没頭する父親とその教え子夫婦、その父親を守るボディーガードが数人。あと、父の趣味であるサックスが4本。残りは、漆黒の闇だった。
 小学生になったころ―行っていないのでわからないが―から、読み書きと加えて暗殺術を学ぶようになり、あの地獄のような事件で父亡きあとは“マスター”の位を継いだ。相良夫婦と、敵対組織“烏”の池田夫妻の、命を懸けた命のための闘い。僕ら“アサシン”はカリスマだった父に加えて、相良夫婦の命も奪われ、その子であるコードネーム“ミクティブ”を誘拐され、残ったのはまだ未熟な僕と、ミクティブの妹・コードネーム“ニーサ”。彼女はまだ僕を“祥ちゃん”と呼ぶくらい、幼かった。あの頃ほど、大人という世界の尊さに憧れたことはない。

「マスター、どうかされましたか」
「別に」
「挨拶代わりのキスは毎度ですが、抱きしめられるのは初めてです」
「僕を詮索するのか」
「違います。ただ……」
「ただ?」

「“かわいそう”と思っただけです」

 それは君だよ、相良愛――


「時はきた。ターゲットの社会的生死は君の判断に任せるよ。存分に暴れておいで。そして、ミクティブを取り戻すんだ」
「御意」

 “御意”なんて言葉、いつ覚えたのだろう。
 もう、あの頃の僕にすがっていた幼い女の子はいない。

 奏か。

「人は……人は、成長する葦なんだよな。父さん」


 呟いて。
 目からこぼれる、この水の正体はいったい何なのだろう。




続きを読む

PageTop

更新しました

小説家になろう

『捨てられた花』―お手柄兄弟

更新しました。
失礼っ!(バタバタしててすみません)

PageTop

ブレイブスシリーズ(2017.12.17)

■地球王国
 <王室 光野家>  
光野 征爾(ひかりの せいじ)・・・国王
光野 杠葉(ひかりの ゆずりは)・・・王妃、旧姓・新見
光野 旭示(ひかりの きょうじ)・・・長男。黒の能力者
光野 深紅(ひかりの みく)・・・長女。赤の能力者
光野 青葉(ひかりの あおば)・・・次男。緑の能力者
光野 雪弥(ひかりの ゆきや)・・・三男。白の能力者
光野 美青(ひかりの みお)・・・次女。の能力者

■火星研究所
棚橋 木乃葉(たなはし このは)・・・所長。火星代表
水無 穂高(みずなし ほだか)・・・幹部
篠木 薫(しのき かおる)・・・幹部。♂

■その他
常盤 春来(ときわ はるき)・・・先代所長
常盤 季節(ときわ しき)・・・春来の息子
常盤 夕麻(ときわ ゆうま)・・・地球王国初代科学大臣

新見親太朗(にいみ しんたろう)・・・新見家当主。木乃葉、杠葉の父
新見 月野(にいみ つきの)・・・杠葉の母
棚橋 瑞葉(たなはし みずは)・・・木乃葉の母。実家は新見家

志垣 夕影(しがき ゆかげ)・・・旭示の許嫁、雪弥の同級生


彩野 庸二(あやの ようじ)・・・光野一族の祖先。初代地球王国国王
彩野 熱斗(あやの あつと)・・・庸二の長男
彩野 満散(あやの みちる)・・・庸二の長女

ギル・ライト・・・海王星人
ジル・ライト・・・海王星人。ギルの父親

影原 時登(かげはら ときと)・・影原家生き残り

PageTop

新婦入場(坂本一族シリーズ)

 言い出したらきりがない。

「磨希(みがき)、本当に彼でいいのね」
 新婦控室で、母は私に問う。これで十回目だ。彼でいいのね?気の迷いではないのね?しまいには、彼から無理強いされたわけではないのね?なんて、酷い話だ。一人娘が結婚するというのに。
 母は良家の娘で、嫁いだ先は関東の王者が住まう園の中核だった。自らの経験を踏まえて娘を案じているのだろうが、大きなお世話だ。
「彼“で”じゃないの、彼“が”いいの。それに、婿入りで職場もうちの病院だし。紙が一枚、役所に動くだけ。今日の式だって、私たち別に望んでいないのよ」
 私の実家では、入籍すると必ず、親族経営の高級ホテルを貸し切って盛大な式を挙げる。昔からの慣例らしいけど、時代錯誤と言われたら否定できない。別に、実家や自分の位置が嫌いとかではないけれど。
「心配だわ。卓磨さんがいくら医者でも、一般の方でしょう。何も問題を起こさなきゃいいけれど。今日はご当主もお見えになるのよ」
「やめて。この話が続くなら、ドレス脱いで家に帰る」
「頑固ね」
 どっちがだ。といいかけて、やめる。不毛な戦いに付き合いたくない。

 心配性の母が去り、スタッフに連れられてホテルに併設された教会に向かう。扉の前でドレス姿の私を待っていたのは、父ではなく親族の男性だった。
「あれ……万颯(かずさ)君?」
「悪い。磨希の親父さん、急な案件がどうのって……さっきまでいたんだけど、行っちまった」
「肝心な時にチキンなんだから。御免ね、万颯君。千笑(ちえ)が心配だよね」
「まあ、頼まれちまったからな。ちゃんと責務を果たさないと、大変そうだ」
「面倒くさいよね……じゃあ、さっさと済まそう。エスコート、お願いします」

 扉が開き、真紅の道が開かれ、拍手喝さい。その先には彼がいる。
 永遠の伴走者が待っている。

「行こう。磨希」

 皆から認められているわけではないけれど、関係ない。過去を振り返り、泣いたり怒ったりする年齢はとうに過ぎている。
 タラレバを言い出したらきりがない。
 だから、彼と前だけ向いて……

「よろしく、万颯君」

 彼とともにまっすぐ歩んでいくのだ。


                                                                              了

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。